FC2ブログ

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
22
 
また自虐的なこと書いてます。キモイけど僕はやるよ。
先日、僕の高校で文化祭があった。受験生は勉強しろってことなのか文化祭運営の中心は高2であるために、僕ら高3の多くは唯一自分達の学年に関係のあるイベントである剣道・柔道大会に足を運んでいた。僕は成り行きのまま、柔道部員の端くれとしてその柔道大会に出場することとなっていた。

試合を前にして、僕の心中には葛藤が渦巻いていた。「シップなら面白いことをしてくれる・・・!」友人達から浴びせられる熱い期待。柔道部員としての、礼儀をわきまえた柔道。僕にはどちらかを選択する必要があったのだ。

結局、僕が選んだのは前者だった。その後に予測できるマイナスの要素はあまりにも多すぎたが、元々柔道の弱い僕が普通の試合で皆を楽しませることのできるはずがない。僕は進むほか無かったのだ。開始早々から柔道には存在しないトリッキーな動きを繰り出し、主審の後輩には冷ややかな無言の圧力と共に指導を宣告され、終了後には案の定顧問の先生から静かな怒りを浴びせられ、皆は笑ってくれたのに行き場の無い虚無感だけが残った。

面白くて、それが何になるんだろう?って時々考える。

例えば同じ一発ネタばかりでその場をしのぐようなタイプの芸人は大抵、一度は人気になったとしても結局は飽きられて失速する運命にある。笑いって感情はその一時性が極めて高く、僕らは同じものを見せられても満足できないのである。

「面白くなりたい」と思う。結果、晴れて「面白い人間」として他者から認知されるようになる。けれどそこから「面白さ」は一人歩きして、いつしか他者の認識に合わせた「面白さ」を演じなければならなくなる。いつしかそれを演じることに疲れ始めても、まだ「面白くなりたい」願望は残り続けているので、「つまらない人間」として認識されることはプライドが許さない。だから人の「笑い」を満たすために、「面白さ」を仕事の如く演じ続けなければならなくなる。その一時性を埋め合わせるため日々「面白くなること」に追われるようになる。

こんな体たらくでは、僕は単なるピエロじゃあないか。第一に自分が楽しむことを考えられない、どうしようもない状況に陥っている。自分が犠牲になって皆が楽しいならそれでいい、とやや自嘲的に思ったりすることもあるが、今日みたいなことがあるとやはり色々と考えさせられてしまう。こんな一時的なものの為に自分が損をするくらいなら、僕はつまらない人間でいいと思ってしまうのである。

別に僕を駆り立てた皆を恨んでいるとかそういう話ではない。「面白さ」ってのは評価する他者がいてこそ成り立つものだし、彼らのおかげで僕がいることは確かなのだ。
    00:38 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top
Comment
2010.09.23 Thu 03:28  |  くるり #-
僕も小中高似たような扱いされてたから気持ちは分かる。
でもやるならやりきった方が良いよ。
それが嫌ならイジる側に回る方がいいッス。
  URL  Edit
2010.09.23 Thu 22:41  |  長岡シップ #X0CL/LIg
>しょうちゃん
中2の頃とかは何もピエロしないで過ごしてたんだけど、それはそれで単なるウツっぽい人になっちゃうんですよね僕は。バランスが取れない。だからきっとこれからも続けていくんだろうと思います。
  URL  Edit
2010.09.24 Fri 14:35  |  すずめ #-
心優しい人間が精神病になりやすい理由がわかった気がする
  URL  Edit
2010.09.24 Fri 22:50  |  長岡シップ #X0CL/LIg
>すずめ殿
おれはまだ人間だああああああああああああ
  URL  Edit
2010.09.26 Sun 20:48  |  駄馬 #pMxN6uq.
俺と君とは違うから参考にはるかどうかはわからんが、一応書こう。




君はキチガイパフォーマンスをしている時楽しくはなかったのかい?

行動するきっかけは周りからの期待という名の重圧だったかもしれないけど、なんだかんだいってふざけてる時って楽しいよね。周りが笑ってるのも勿論嬉しいけど、やっぱり変なことをしている時って、変な事をしてる奴を傍からみるよりも格段に面白いと俺は思うんだ。


周りから見たら都合の良いピエロに見えるかもしれないけど、この当事者としての快感ってのは観客からは絶対わからないものだと俺は思う。









あとは変な事をすることによって生じる弊害を君は重く受け止めすぎだよ。これは性格に拠るところがデカイからどうしようもないかもしれないけど。

やっぱり人と違う事をする時にはどうしても賞賛と批判両方あるのがつきものじゃない。それを覚悟して変な事をやるわけだから、肯定的な評価は全て受け入れて、批判や説教は話四分の一ぐらいで適当に聞き流すぐらいが丁度良いと思う。でなきゃやってられない。批判を全て受け入れるのは美しいけど、それで落ち込んでたら何のために変なことをしたのかわからないじゃない。ヘラヘラ笑っていればそれでいいんだよ。








少なくとも俺は「皆と同じ思考・行動・趣味じゃつまらない、何の為に生まれてきたのかわかりゃしない」という主義の元に動いてるから、それによってピエロと思われようが批判されようが知ったこっちゃないよ。これを中二病とかいって馬鹿にする奴は、変な事を「やらない」のではない。批判されるのが怖いからビビッたれて「できない」だけの玉無し野郎の集まりである。
  URL  Edit
2010.09.27 Mon 15:41  |  長岡シップ #X0CL/LIg
>駄馬殿
わざわざ長文で書いてくれてありがたい。

受験生になって以来「他人と違う自分に酔いたくない」「自己主張したくない」とかいった裏中二病的な願望が宿るようになってしまって、多分それが今の自分の思考にも影響を与えてるんだろうと思う。極端な話、無個性でも構わないというか。そんな考えの下で面白いことなんてしようとするから、自己矛盾が起きて行き場を失ってしまうんだろうな。
  URL  Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://ship01.blog88.fc2.com/tb.php/584-5be3c9b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。