--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
27
 

スポンサーサイト
    00:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
26
 
僕は東京都の小学校で教育を受け、また中高共に東京都の一貫校に通っている生粋の東京ボーイなのですが、
中学1年の頃神奈川県横浜市に引っ越したため、住所は横浜のどっかにあるわけなんですわ。

しかし前述のとおり横浜での教育を一度も受けていないため、引っ越して4年経つ今になっても未だ「横浜市歌」なる、横浜市民なら皆知ってるらしい歌が歌えないんですよね。

友人に「俺横浜市民なのに歌えないわ(苦笑)」と言っただけでも、まるで非国民であるかのような扱いを受けるこの苦しみ!クソオオオオオオオオオオオオオオオオッ!馬鹿にすんなあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!ぶっころっすぞdcつんfyjvgkむbhlnウワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!死ね!!!!!!!!!!!!!!死ね!!!!!!!!!!!!!!!!おらっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


「おいシップがキレたぜwwwwwwwwwwwwwwww」

「でも弱くねwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「てめーが死ねよwwwwwwwwwwwおら非市民wwwwwwwwwwwwwww」


ううっ・・・ひぎっ・・・もう・・・やめて・・・下さい・・・
    00:49 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
22
 
へへっわりーな、昨日はついついすっぽかしちまったぜ。俺の更新(ライヴ)見にわざわざ来てくれてる皆にはマジ申し訳ねぇわ。けどな、俺もとうとうネタが尽きちまったんだよ。Skypeもやっちゃあいるがそう何度も書くとマンネリ化するし、だからと言って他に面白い遊びがあるわけでもねぇ。想像のストーリーで補えるほどの妄想力も俺にはねぇ。けどな、一度ブログを始めたからには、負けねえ退かねえ悔まねえ、前しか向かねえ振り向かねえってもんよ。俺今いいこと言ったな。パクリじゃねぇからな。まあそんなわけで、今回は穴埋めとしての更新(ライヴ)で誤魔化しとくってわけよ。マジ悪いな、ファンのお前ら。次はもっとすげぇ記事(キョク)書いて、てめーら安心さしてやっからよ。

PO-ZIPリーダー $HIPより
    22:15 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
20
 
KAT-TUNが許せない。イケメンであることに甘んじて面白いことのひとつもせず、ただ歌って踊ってビッチどもにキャアキャア騒がれてるだけのKAT-TUNが絶対に許せない。

それに比べ嵐は自らのバラエティ番組を持ち面白いことをやっているので、ゆくゆくはSMAPのような国民的グループになること間違いなし。僕はそんな彼らに結構な好意を持っているのだ。

だから松潤や櫻井君にだったら掘られてもいい。むしろ掘ってもいい。ごめんなさいウソです、全国のジャニーズビッチの皆さん岩を投げないで。大麻君は大野なんてしてないさ。
    23:33 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
18
 
昨日は保健体育の授業があった。そう、多感な男子高校生どもが大好きなおちんぽちんぽについて勉強するアレだ。

そこで僕ら生徒は、「私の人生プラン」なるものを書かされた。いわゆる将来の計画というか理想というかそういうやつだ。高校生にもなって授業でこんなことするのもどうかと思うけど楽だったから許した。

僕は出席番号の関係で、クラスでただ一人教壇の前で皆にそれを発表する羽目になってしまったわけなのだが、
友人の皆からの「シップならやってくれる!」といった熱い期待がプレッシャーとなり、その結果僕はとんでもなく狂ったことを語ってしまったのだ。以下にそれを記すことにする。


18歳 浪人する
19歳 二浪する
21歳 受験を諦める。肩書きが「浪人生」から「ニート」になる
30歳 体重が100kgを超える。魔法が使えるようになる。
40歳 魔法少女に出会う
41歳 魔法少女と結婚する
50歳 悪の魔法使いに敗れて死ぬ

16歳 今までのことは全て夢だったと気付く


爆笑や失笑、嘲笑などが渦巻く教室内で、僕はまた一歩大人になった。後に友人から聞いたところによると、クラスのリア充は僕のことをこう評したらしい。


「シップって奴マジ変態だよな、引くわ」
    00:38 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
 
15
 
僕はラップミュージックが苦手な男であった。
「セイYO!俺の性欲!」などと得意げにベラベラ歌っているジャパンミュージックなどを聞くといやな気持ちになっていた。

しかしいつしか、僕は自らをラッパーと称し、「都会の喧騒!世界は暴走!俺は社会から闘争!」などといったあまりにも下手糞なラップを口に出して粋がるようになっていた。かつてあんなにも苦手だったジャップラッパーたちと同じ存在になってしまったのだ。

しかし今日、いつものように意気揚々と「SAY YO!」と叫んでいたところ、友人に「お前もうそれマンネリ化してるぞ」との指摘を受けた。なのでもう、今日でにわかラッパーは引退する。

次に僕が目指すのはレゲエ歌手だ。レゲエとは、ガラガラの声で「大親友の彼女の連れ、おいしいパスタ作ったお前」などと友情や恋を語る歌のことらしい。
これならラップと違い韻を踏む必要もないし、妄想の恋愛ストーリーを垂れ流していればなんとなく歌になりそうなものである。

これほどまでに僕に似合った歌があるだろうか。嬉しくて柄にもなくスキップしそうだ。億千の星を目指して頑張りたいと思う。



※何言ってるかわかんねーよクズ!って人は湘南乃風の「純恋歌」を聞いて来い!
    23:35 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top
 
06
 


ブックオフに行ったら105円のCDコーナーがやけに充実してたもんだから、
どっかで名前を聞いたことのあるアーチストのアルバムを6枚ほど選別して買ってみたのです。


P1020053.jpg

会計のとき、一瞬だけ手を止めた女性店員の姿を僕は忘れないだろう。
    23:10 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top
 
06
 
ほら、僕の学校って中高一貫じゃないですか。

そこを利用して、中学生の階のトイレ個室内で飯を食ってやりたい。

「おいトイレの中弁当くさくねwww」

「誰だよwww出て来いやwww」

とか騒ぐ厨房の声を聞いて興奮したい!
    00:48 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。