--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
27
 

実は僕は「目的の情報を瞬時に検索する」ことの他に、もう一つ特技を持っています。それは、「本を読まずに読書感想文を書く」ことです。

持ち前のググル能力を駆使して本のあらすじやレビューを読み漁り、まるで本当に本を読んだかのような気になって文を書くのです。僕の学校では毎年夏休みに読書感想文の宿題が出されるのですが、僕は中学2年生の頃に習得したこの力で夏を乗り切ってきました。今回の記事では、今年僕が書いた読書感想文を載せようと思います。題材の本は「天才の栄光と挫折―数学者列伝」です。それではどうぞ。



天才のひらめき

歴史上に名を残した数々の天才について語るとき、人はまず彼らの輝かしい功績、「栄光」を褒め称える。万有引力を発見したのはニュートン、相対性理論を発見したのはアインシュタイン、といった具合にだ。
僕は数学が非常に苦手で、だからと言って他の何かが特別優れているわけでもない、いわゆる凡才と言うやつである。なので「天才数学者」などと言われるとおとぎ話でも聞いているような感覚を覚えてしまうのだが、天才と言えどやはり人間。輝かしい功績を遺した天才達の栄光の裏には、やはり普通の人間と同じように「挫折」が存在したのだ。この本は僕に、天才の新たなる一面を教えてくれた。
インドの数学者ラマヌジャンは、その天才的な数学の才能で数々の定理を生み出すものの、長い間誰にも才能を認められることがなく貧しい生活を続けていたという。しかし、ラマヌジャンは最終的には才能を認められたためまだ幸福だったかもしれない。天才画家と言われるゴッホはラマヌジャンと同じく才能を認められずに貧しい生活をしていたが、最後まで絵の才能を認められないまま死んでしまったのだ。天才には変人が多く理解されないことが多いというのはよく聞く話だが、その才能さえも理解されなかったら元も子もない。それでは、傍から見ればただの変人ではないか。僕も時々「変なヤツ」などと言われたりしてしまうのだが、そういう話となるとまた新しい解釈ができる。もしかしたら僕は何らかの才能を持っているのだが自分自身それに気付かず、そして回りの人たちにも気付いてもらえていないのかもしれない、という事だ。先ほど僕は自分のことを凡才だと書いたが、もしかしたら天才なのかもしれないという事だ。馬鹿馬鹿しい話だと思うかもしれないが、しかし考えてみてほしい。かの天才発明家であるエジソンは、「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」と言った。「1%のひらめき」とはつまり、こういった新しい発想の事を言うのではないか。となれば、僕は残りの99%、努力さえすれば天才に近づくことも可能かもしれない。僕が歴史に名を残す日もそう遠くはないと思った。


スポンサーサイト
    00:25 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
 
08
 
合宿から帰ってきました。疲れました。
ですが練習が大変だったとかそんな話はどうでもいい。旅館での生活っぷりがとにかく凄まじかった。僕はただこれだけを皆に伝えたい。

猛者が持ち込んできたPCやゲームキューブでひたすらゲーム、その為コードが至る所に散乱、オマケに布団は敷きっぱなしでゴミも大量に転がっていたあのニート部屋。
コンビニで「本」を買ってきて、内容を吟味する作業にも没頭した。「この絵柄はよくない」「この話はギャグとしか思えない」など色々あったわけですが色んな事情があり残念ながらここに書けるのは「デザート」とかいう少女漫画雑誌についての話だけです。

「ケータイ小説より泣ける読みきり!」といった見出しにワクワク、「出たよ愛する人の死!」「泣けるお(´;ω;`)」とか言いながら読んでいると、「合コン、チェキラ!」というギャグテイストな絵柄の漫画を発見しました。ここに来てやっとギャグ漫画か、と少し期待する僕。
ページを捲ってみると、そこには「合コンでこうする男は駄目だ」といった事が延々と書いてあるわけなんですがこれがまあ身勝手なこと。なんかコイツ、「相手がブサイク男だからダメなんじゃなくて、女の子を満足させられないからダメナノ」みたいな事言ってる癖に結局はデブは駄目チビは駄目イケメンじゃないとイヤ、ですからね。オマケに最後のオチは、

「やっぱり合コンに来るオトコなんかよりアタシのイケメン彼氏が最高!」

と来たもんだ。
殺すぞ、ぶち殺すぞ。別にそう思うことが悪いことだとは言わないが、何で言ってる事が最初と最後で違うのか。言い出したからには最後まで貫き通すべきだろうが。何で「行動に問題がある」から「イケメン最高」になってるのか。デザート読者の女どもはこんな物読んで共感して涙流すのか。うーん、確かにこれは最初の読み通り素晴らしいギャグ漫画だった。


・・・しかし、とりあえず僕は先輩から頂いた本、しかも人妻がどうのこうのとか書いてあるこのエロ本の処分に果てしなく困っています。人妻好きな誰か貰ってくれよ。まだ誰も使用してないからさー。
    11:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。